大腸がんは治療で根絶!解決までのプロセスを知る

病院

日本人に多い病気です

医者

がん罹患数の1位です

日本人の大腸は、欧米人の大腸に比べて長いため、大腸がんのリスクが高くいことが知られています。統計からも男女ともがん罹患数の1位になっており、罹患件数の最も多いがんになっています。高齢になるほど発生件数が増加し、特にS状結腸と直腸にがんができやすいのが特徴です。大腸粘膜にがん細胞が発生し、進行すると大腸の壁の奥深くにがん化が進んでいき、他の臓器に転移していきます。早期発見が大切で、発見には大腸からの出血がひとつのカギになるため定期的に検便を行い、潜血反応の有無を調べることが重要です。主な治療には、内視鏡治療、外科手術、放射線治療、薬物治療、化学療法があります。発生カ所や症状、進行の程度によって方法が決定されます。

早期発見が大切です

大腸がんの治療は、早く始めれば始めるほど効果が高くなります。大腸がんは、血便で初めて気づく人が多く、気づくまでの間にがんが少しずつ進行してしまいます。軽度であれば、内視鏡によってがん化した細胞を摘除する方法が行われます。患者の身体への負担が少なく、入院期間も比較的短く済みます。大腸がんがさらに進行して中期になると、手術が行われます。手術後の経過によって手術だけで済む場合とさらに治療が追加される場合とがあります。手術後に追加される治療には、放射線治療や化学療法があります。抗ガン剤や放射線による治療でがんの根絶をめざします。進行がんでは、もはや手術が行えず、放射線治療や化学療法が主な方法になります。

日本の死亡する確率病気はガンです。ガンには、いろいろな種類があります。その中でも厄介なガンは大腸ガンなのです。大腸がんは、文字通りに大腸の盲腸や結腸などにできるガンなのです。なりやすいのは、男性より意外にも女性が多いです。年齢では男女共に50歳前後で起きる確率が高いです。大腸がんの原因としては、高カロリーな食事を長い間続けていると大腸がんになりやすくなります。大腸がんの意外な原因があります。それは、デスクワークです。デスクワークは座り込みなので、腸に負担がかかっているのでなりやすいとも言われています。

転移したがんの治療

看護師

転移がんが発生してしまうと治療が困難になりますが、免疫治療であれば治療できる可能性があります。転移がんのがんの由来は同じであり、どの組織にあっても有効性が高いと期待できるからです。実施例が少ないものの、需要が高いことから今後の臨床応用が進むことで確実性の高いプロトコルができるでしょう。

詳しくはコチラ

生存率が高い

医者

食道がんは男性が女性より多く発症します。胃の検診を行うときに同時に食道も検査するようになったことで、早期に発見することができるようになりました。治療技術も開発されて手術を行った後の生存率も年々と高まってきています。

詳しくはコチラ

乳房に注意して予防を

植物

日本人女性の乳がん羅患率は上がってきています。それに伴い乳がんの死亡率も上がっています。他人ごとではなく自分も乳がんになるかもという意識のもと、自己触診、乳がん検診を定期的に行い、早期発見につとめることが大切です。

詳しくはコチラ