大腸がんは治療で根絶!解決までのプロセスを知る

病院

生存率が高い

医者

男性に多いがん

食道がんは女性より男性のほうが圧倒的に多く発症するがんです。発症してしまう原因は喫煙や飲酒、発がん物質の摂取やビタミン不足が挙げられています。消化器系のがんの中では死亡者数が少なくなっているがんです。最近は胃を検診する場合に食道も一緒に調べるようになったために、早期で発見できるようになってきました。早期の発見が可能になってきたので、超音波内視鏡などで治療を行う技術も高まってきて、手術を行った後の生存率も年々と高くなってきています。食道がんは食道の中でがんの細胞が半周以上できないと症状として現れてきません。がん細胞が粘膜を損傷したところに、食物が通過すると違和感がやっと出てきて症状を感じることができます。

細胞が多くないと症状なし

食道がんが進行してくると喉のつかえや痛みが生じ、いったん飲み込んだ食物や水分が逆流してしまいむせてしまいます。このことが原因で食欲が減退してしまい体重が減少してしまったり、体力が低下してしまったりします。食道付近には多くの毛細血管やリンパ管が集中しているために、食道に近い臓器や肝臓、脳や骨に早期的に転移してしまいます。がん細胞が咽頭を圧迫してくると声が長く続かなくなったり、声がかすれてしまうという症状が出てきます。食道がんの治療方法としては、内視鏡を使ってがんの細胞を切除する方法や、細胞の大きさによっては食道を全部切除してしまう方法がとられています。食道を全部切除した後には食道の再建手術が行われます。